1. TOP
  2. 教材・書籍レビュー
  3. 『お金がずっと増え続ける 投資のメソッド』レビュー

『お金がずっと増え続ける 投資のメソッド』レビュー

 2018/10/05 教材・書籍レビュー
この記事は約 5 分で読めます。 18 Views

これはスゴイ!

この本を1回目に読んだときの僕の率直な感想は、この本の帯に書いてある通り。

これはすごい!

でした。

でも、冷静になってから、本に書いてある通りに実践したらどうなるか・・・

調べて、考えた結果、実行に移すのはやめました。

なぜか?

その理由を説明します。

スゴイと思った理由

投資をして複利で稼ぐことのイメージをここまで簡素化して説明してある本を読んだことがありませんでした。

複利の威力は理論上知っていますが、テクニカル分析もファンダメンタル分析も使わずに15%の運用益を上げる方法がわからなかったからです。

この本で紹介されている手法をよく調べてみると、

専門用語で、「グリッドトレード」というそうです。

マス目のことをグリッドと英語でいいますが、そこからきているのでしょうか。

この手法を簡単に説明すれば、

等間隔で買いを入れ、利幅をその間隔より少し大きく設定し、売っていく

ということです。

例えば、

この本で紹介されているのは、

  • CFD metalsの1オンスの金を1,350ドルで買うことからスタートし、5ドル値下がるごとに追加購入していく
  • 200万円の資金だから、レバレッジ20倍で取引するための余裕を持たせて、80の買い取引におさめる
  • 売りの価格は、購入価格プラス7ドルに設定する

金(ゴールド)は、いつかは上がるインフレ資産なので、80個の仕掛けを常時用意しておけば、自然と売れていくという前提です。

売れたらまた買いをスタートして、常時80個の仕掛けを絶やさないこと。

そして、資金が増えてきたら、それらを追加投資して80個を100個に、100個を200個にしていけば複利で資金が増えていきます。

確かにそうです。

なるほど、これはシンプル。

スゴイ!

即座に、マネーパートナーズに口座開設をして、200万円入金しようと思ったのですが・・・

ん?スワップポイントってなんだ?

CFD-metalsの金をレバレッジ20倍で取引する方法について調べてみると、、、

  • 買いの場合は1日0.09ドルのスワップポイントを支払わないといけない(土日祝も)
  • 証拠金維持率が100%未満になると、追証が発生(追加で入金しないといけない)
  • 証拠金維持率が80%以下になると、強制ロスカットが発生

これらの重大なポイントについて、本の中でひと言も説明がない。

合点がいかない。

0.09ドルのスワップポイントなど、微々たるものだということで、割愛したのかもしれないが、説明だけでも入れて欲しかった。

0.09ドルは、1ドル100円換算だとしたら、9円。

1ドル114円換算だと10.26円。

これが10日分必要となれば、約100円。

30日で300円です。

1個の仕掛けで得られる利益は、約700円。

金の相場がジグザグに動いて上昇していけば問題ないでしょう。

でも、下げ相場のときには上がるまでずっとスワップポイントを支払うことになります。

70日売れないと、スワップポイントが利益を食いつぶすことになります。

2018年6月15日から2か月間ほど、ずっと下げ、それ以降は横ばい状態です。

700円の利益を2,857回とれば、以降は負けなし

初心者向けの本なので、わかりやすく表現してあることは素晴らしいと思います。

1年間に30万円分の売り注文が出来れば、年利15%で運用できます。

30万円を700円で割ると、約428回。

1ヵ月35回。

月に20日の営業日があるとして、

1日2回の買い注文を入れ、順次それらの買い注文が7ドルプラスで売れていくこと

これができれば15%の年利を得られる計算です。

これだったら、自動売買ツールを使えばいいんじゃないのか・・・

機械的な買い注文を入れるだけだから、システムトレードの得意な人であれば簡単なのでは・・・

と思ってしまいました。

それから、

本の中でさらっと出てくる「2,857回以降は、負けなし」という表現について、

当たり前やん!

と思ってしまうのは僕だけでしょうか。。。

200万円の軍資金で、200万円の利益を出せば元は取れているわけですから。

負けなしです。

しかし、

2,857回の買い注文を入れるのに、6~7年かかります。

地合いのよいときに株を買っておけば、2年くらいで2倍になります。

さらに空売りの技術を身につければ、下落相場でも活用できます。

機械的な買い注文をロボットのように入れるだけなら、ロボットにやってもらえばいいのでは・・・

投資や複利に対する考え方に開眼!

ここまで、えらく酷評してきましたが、

投資に恐怖感をもっている読者の方を対象として書かれているとしたら、良書だと思います。

なぜなら、

投資は、シンプルに計算して、毎日の習慣として取り入れるという姿勢が身につくからです。

年利15%や複利の考え方、あたらしい投資対象を紹介していることなど、

とても良いと思います。

この本を読んでから、僕自身も投資に対する印象が変わりました。

今後のCFD-metals(金)の値動きによっては、書いてあることをそのまま実践して利益を出していくのは難しいかもしれません。

が、投資に対する理解を深めるために、この本を読むことはお勧めします。

\ SNSでシェアしよう! /

ホンキの株トレの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ホンキの株トレの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

hachibay

この人が書いた記事  記事一覧

  • チャートギャラリーの初期設定方法

  • 『お金がずっと増え続ける 投資のメソッド』レビュー

  • 【ショットガン投資法の練習】チャートギャラリーで直近データから銘柄をピックアップ

  • ラジオNIKKEI第1『相場師朗の株塾』が終了!?

関連記事

  • ラジオNIKKEI第1『相場師朗の株塾』が終了!?

  • 相場師朗さんおススメのチャートソフトを注文しました!

  • 遂に相場師朗さんの『ショットガン投資法』を購入しました!

  • 「チャートギャラリー」が届いたので、早速インストールしてみた

  • 【ショットガン投資法の練習】チャートギャラリーで直近データから銘柄をピックアップ

  • チャートギャラリーの初期設定方法